真山りかちゃんとエビ中に人生の何割かを捧げるブログ。

アイドル?何それ美味しいの?だった私がエビ中こと私立恵比寿中学を応援してます。真山センパイさすがです。

フォーエバー中学生!

 

 こんばんはー! 

 

 エビ中の春ツアー「私立恵比寿中学 IDOL march HALL TOUR 2017 ~今、君とここにいる~」が始まりましたね!

 写真がちらほら出ていますが、今回は今までにないくらい学校を前面に押し出したセットになっているようで、衣装もモダンでとっても可愛いですし、新曲も目白押しのようで、はやく行きたくてうずうずしてきました。

 開演直後の曲には、メンバー一人が校旗を振る場面があり、とても格好いいと評判のようです。八王子で真山さんが務めたということで、もしや今ツアーはずっとかな…?と思っていましたが、2公演目の新潟では歌穂ちゃんが務めたとのことですので、2年前の春ツアーでの吟遊詩人的ポジションとして交代交代なんでしょうね。(そう思うと結構前ですね…。時間の流れ早い。)

 

f:id:animosno1:20170423225655j:plain

高級感ある感じ!

f:id:animosno1:20170423225705j:plain

真山さん脚細すぎだろ…笑

 

 エビ中さん、学校コンセプトと言いつつもリアルな学校のような雰囲気のライブはほとんどなかったのではないでしょうか?私の知る限りだと、9人時代の自習がかなり学校っぽい雰囲気だったんじゃないかなと思います。それ以来なのかな?

 今年は98年度の4人がプロ中ということで、コンセプトの再確認、そしてこれからの決意という意味でのこういったセットなのではないかと勝手に想像しております!

 

 今回のツアータイトルは「私立恵比寿中学 IDOL march HALL TOUR 2017 ~今、君とここにいる~」ですが、「march」には、前進する、行進するという意味があり、言葉としては軍隊の様に皆が揃って前進していくという意味合いが強くある言葉です。

 エビ中は仲間と共に歩んで来たグループです。それぞれが優しく、思いやりのある子達が集まったからこそ造り上げたグループの雰囲気は、誰かを蹴散らしていくものではなく、共に歩む、共に見つめていく、そういった唯一無二のものであると思います。

 私が初めて聴いたときから泣いてしまった、サドンデスの星名さんパート「同じ歩幅で歩んで来たじゃない」はまさにエビ中を体現しており、今回のツアータイトルに含まれる「march」は、エビ中のメンバー、出会ったすべての人、歩んで来たすべての時間を含めて共に進んで行く現れと私は捉えます。

 

 その中でも旗手という役割は、全員を導き鼓舞する大切な役割があります。

 学校というのはほとんどが軍隊の習慣を踏襲したものですから、校旗も旗手も軍隊のものを借用したもので、意味するところは同じです。旗手はエビ中ここにあり!と高らかに宣言し、エビ中メンバーはそれを見て自らの気持ちを高めるのです。

 ですから、最年長であり、エビ中のすべてを見てきた真山が務めることにはただならぬ意味を持つと思っていたのですが、さすがに荷が重すぎますし、みんなで歩んで行くならば回していく方がエビ中らしいかなと思います。

 あと言うならば、校旗って結構重いものだから、7月まで真山さんが務めるとゴリゴリマッチョになってしまって2shotで気まずくなりそうなので、それはそれでよかったかもしれません笑

 

 いやー!それにしても新曲は気になるわ、衣装は早く見たいわ、セットも見たいわで早くライブ行きたいですよ!

 とりあえず今回は、Youtubeでアップされた新曲「なないろ」、各種ニュース、そして当日のツイートを貼って終わりたいと思います!それではみなさん、良い日々を!

 

2017年4月22日 八王子オリンパスホール 私立恵比寿中学「なないろ」


私立恵比寿中学 「なないろ」live at 八王子オリンパスホール 20170422

 

natalie.mu

news.ameba.jp

 

 

 

 

にほんブログ村 芸能ブログ アイドル・アイドル歌手へ
にほんブログ村