読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真山りかちゃんとエビ中に人生の何割かを捧げるブログ。

アイドル?何それ美味しいの?だった私がエビ中こと私立恵比寿中学を応援してます。真山センパイさすがです。

あの日から2年。(エビ中と私①)

 

こんばんは!

 

f:id:animosno1:20170124235801j:plain

(ファミえん2013。誘惑したいや) 

 

 おめでとうございまーす!

 何がって、今日、1月24日は私がエビ中を知った記念すべき日なんですよ!なのでみなさん的にはどうでも良いかもしれませんが、私とエビ中の大事な記念日なのです!というわけで、初めてのエントリーではちょこっとだけ触れていた、私がエビ中を知ってハマった流れを今日は洗いざらい書いておきたいと思いま〜す☆(恐らく私以外の需要はないだろう。)

 

 まず私とエビ中の運命的な出会いは、Youtubeを見ていることから始まりました。折しも仕事は完全に行き詰まっており、どうしようかと苦しみ足掻いているときでありました。当時の私は、現実逃避の手段としてネットに走り、とにかく色々な動画を見ては夜更かしをして朝がきつくなってまた仕事が嫌になるというクズっぷりな生活でした。

 そんな中、仲の良い人が居たのですが、その人が最近ももクロにハマっているということを言っておりました。私は最初のエントリーでも書いたように、アイドルというものが心底嫌いで、なぜなら人が抱える寂しさや、憧れといった感情に漬け込み、様々な手を使って搾取するとんでもないやつらだと考えていました。ですが、きっと私のその人への信頼感はよっぽど大きかったのでしょう。その人が熱っぽく語るのを見て、食わず嫌いじゃないですけど、触れないで延々と犯罪者のように蔑むのも良くないと思って聴くことにしたのでした。

 聴くといっても、もっぱら私達の話題はコールとかヲタ芸の話に終始していましたので動画漁りもヲタ芸を見ることでしたが、抱いた感想としては、意外にも良いものではないかといった感情でした。いや、意外にもではなくとても良いものでした。すっかり魅力にとりつかれた私は、丁度土曜日であった1月24日その日に朝からももクロヲタ芸や踊ってみたを見まくり、そして遂にMVを見ることまで到達し、そしてその日にはCDを借りてますので(その友人にです。)、このタイミングでは完全にももクロにハマっていると言っても過言ではありませんでした。

 これが変わったのは、Youtubeのコメントと関連動画でした。いつだって、どんな時だって、批評や比較をしたがる人は居ると思いますが、ももクロ動画のコメント欄に「しゃちの方が可愛い」とか「エビ中の方が可愛い」などといった記述がありました。ググってみるとどちらも同じ事務所のアイドルグループであることはすぐにわかりました。

 先に見たのは、関連動画でも出てきていたしゃちほこの方で、初めて聴いたのは、「首都移転計画」でした。これを初めて聴いたときの衝撃たるや絶大なものであり、こんなにファンキーな曲が存在するのかと、聴けば聴くほど癖になる魅力のある曲だと思いました。どうやら私にはサブカル的素質は十分にあったようですね。次に聴いたのは…失念しました。つまり私のチームしゃちほこへの道は、そこで途絶えて今に至ると言えるでしょう。

 私は踵を返してももクロに戻りましたが、エビ中のことだって忘れてはいませんで、すぐにエビ中なるものを検索し、動画を見ることにしました。忘れもしないそれは、「誘惑したいや」です。歌はお世辞にも上手とは思いませんでしたが、楽しそうに歌い、キラキラした表情に目を奪われました。そして今まで聴いたことのないような、切ないけれども素敵な曲に巡り会えたことに感激を覚えました。

 私が特に魅力を感じたのは、杏野なつさんでした。あのハスキーな声、そして何よりも心から楽しんでいる表情は、私にとってエビ中の入り口になり、この歌と表情を何度も何度も何度も見てはますますのめり込んで行きました。

 次に聴いたのは当時の最新シングルであった「ハイタテキ!」でした。ツイッターを見ているとハイタテキでハマったり興味持った人は多いようなのですが、私も例に漏れずその一人でした。多くの人と同じような感想を私も持っていますが、ハイタテキで一番輝いていたのは星名美怜さんではないでしょうか。アイドルに対してすっかり抵抗感というものがなくなっていた私は、キャピキャピしてアイドルアイドルしていた星名さんにすっかり魅了されてしまいました。ハマったという観点で言えば、私がエビ中に捕えられる立役者は星名さんでした。

 このときには、哀しかな、杏野さんが見当たらないことに気が付いていて、そして誘惑したいやのときには居なかった、他のメンバーとは系統が違い美人系な(松野さんは両方に居るのがわかってましたので)小林歌穂さんが居ることに気が付きました。メンバーの見分けがあまりつかないときでさえ気が付いたのでした。

 見分けがつかない話が出てきたので補足をすると、最初のころ私は特に瑞季・真山・星名・鈴木の見分けがつかないことが長くあり、瑞季・星名は結構後々まで歌では聞き分けられない状態でした。真山・鈴木は髪型が同じことで、引くと全く見分けがつきませんでした。ダンスは大分違うものでありますが、私はダンスといったものを運動会とか体育祭でやったことがあるだけという状態ですから、そういった観点というのを持ち合わせてはいませんでした。

 話を戻して。ググってホームページを見ても誘惑したいやで見たあの人(名前は知らなかったので)は居ないというのが分かりました。ネットを徘徊しているとそのうちにわかってくることなのですが、その前年にエビ中はメンバーの急激な変化として加入と脱退が続けざまにあり、杏野さんを含む3人が辞めていることを知りました。MVに留まらず、動画や記事を見てエビ中を好きになっており、特に瑞季さんが特別に気になっていた私への衝撃値としては十分すぎるものでした。好きになるきっかけの人も、見ていて好きになった人も辞めてしまっているというのは、十分すぎるものではないでしょうか。

 ですがそれが私とエビ中の今生の別れになることはありませんでした。エビ中の魅力を語る上で多くの人が口にする、あるいは欠かせないことは楽曲の豊富さと魅力です。1曲、1人に頼り切ったものではなく、曲は無数にあり、1人は曲の構成要素に過ぎないものでした。好きになって、困難が訪れて(訪れていたのを知っただけだが)、それでも好きで居られて応援したいと思ったことは、私が個々というよりもエビ中が好きになっていたということなのでしょう。

    これでも十分なのでしょうが、決定的に私がエビ中にハマったと認識するのに値することはありました。私がエビ中を知った2年前の今日から1週間と経たない1月28日は、セカンドアルバム「金八」の発売日でした。これほど急速に興味を持ち、好きになって、そして訪れた巡り合わせは本当に衝撃的で、運命的なことでした。このくらいタイミングが完璧に合い、トントンと進むことってそうそう経験するものではないですから、この出会いは特別な気がします。そして知ってからわずか数日しか経っていないにも関わらず、サークルKで入金をして予約をして、アルバムフラゲ日に喜び勇んで受け取りをしたとき、私はエビ中に名実ともにハマったと言えるに至ったのでした。

 

まやままやままやまやまやま

 

    ぁぃぁぃぁぃぁぃぁぃぁぃみたいな感じで使えるかと思ったのですが、ゲシュタルト崩壊して気持ちが悪いですね。

    以上がエビ中を知ってからハマるまでになります。なにせ2年も前の話なので、書く度に話が若干前後することはあると思いますが、大枠はこのとおりです。需要はないでしょうが、見返してみると私は面白いですね。カテゴリも作ったので、これから定期的にやる!(まじか)

    それでは今日も残りわずかなので、明日もがんばりぃぃまやま☆☆

 

※長文・駄文失礼いたしました。書き漏らし等があれば定期的に書き加えるつもりなので、文章は度々変わりますが悪しからず。

 

 

にほんブログ村 芸能ブログ アイドル・アイドル歌手へ
にほんブログ村