読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真山りかちゃんとエビ中に人生の何割かを捧げるブログ。

アイドル?何それ美味しいの?だった私がエビ中こと私立恵比寿中学を応援してます。真山センパイさすがです。

そうだ、観劇しよう。(シアターシュリンプ第二回公演「ガールズビジネスサテライト」)

こんにちは!


今回も依然書き溜めていたものを放出します。

シアターシュリンプ、半年も前のことですね。
私は観劇の経験がほとんどなく思い起こしてみても
小さいころにケチャッパーズの演劇を見たぐらいです。
ケチャッパーズとはカゴメのキャラクターでその名のとおり、
ケチャップのPRキャラである原料達です。
その劇しか見たことがないですし、
元来ドラマというものもあまり見ません。
エビ中好きが高じた結果に他なりません。

第一回公演を事前にDVDで視聴しましたが、
非常に魅力的で引き込まれたので期待は十分でした。

【公演名】
シアターシュリンプ第二回公演
「ガールズビジネスサテライト」

【公演日】
東京 3月17日~3月21日(全8回)
大阪 3月26日~3月27日(全4回)

【場所】
東京グローブ座(東京)
森ノ宮ピロティホール(大阪)

【ストーリー】
田舎のファミリーレストランは社会の縮図。
女子学生2人は疲れた体に一杯引っ掛けていた。ドリンクバーで。
彼女らは大人の嗜みに満足すると同時に、
寄り道をするという背徳感に浸っていた。
ところで偶然に同じ店には同級生が来ていた。
彼女は駆け出しの漫画家であり、女子学生2人よりも
ずっと「大人」の世界に身を委ねていた。
それに嫉妬した1人は罵倒することで心の平静を保とうとする。
しかしひょんなことから漫画家同級生の助けを得なければ
進退窮まる事態に陥り、
社会の厳しさを感じる。
一方お店に来る客、従業員にはそれぞれ思惑があり、
誤解と思い込みでとりとめのない事態になる…
それぞれ多種多様な人間が
ファミリーレストランを中心にして回る、
「サテライト」となっている。

気になった方は8月31日にBlu-rayが発売です。
是非チェックしてみてください。

【感想】
キャラ付けが魅力的でよかった。
真山はキャリアウーマン役だったが、
厳しさと甘えたい心の切り替えが素晴らしかった。
本人らしくて良かった。
安本は人のいい友達といった感じでまんま合っていた。
チャラ男キャラははまり役だと思う。
廣田は不思議ちゃんな役で、
声にかなり寄せた役だったと思う。
星名は本人の意見が採用された形でした。
星名推しの方ならわかるかな?
愛嬌があって、声が可愛いため滑稽で面白かった。
松野はかなり吹っ切れた感じで良かった。
中盤以降のキーパーソンでした。
柏木は回りに振り回されつくされる役。
観客に一番近い立ち位置だったのではないでしょうか。
小林は前回もそうでしたが、一番の常識人でした。
表情豊かで引き込まれました。
圧巻は中山でした。
序盤の見せ場のほとんどは中山で占められており、
最後も核心的な部分で重要な役をこなしていました。
癖のある役をかなり強烈な表情でこなしていました。
話の流れで、「おまえ調子乗んなよ?」
と言うシーンがあったのですが、
切り替えにぞくっとするほどの演技力でした。
体もしっかりしているので安定感があって、
一番舞台映えしていると思いました。

【物販】
今回は一点だけ購入です。
・ガールズビジネスサテライト パンフレット
f:id:animosno1:20160807171541j:plain


おまけ
第一回公演のDVDは絶賛発売中です。
気になった方はこちらもチェック!

シアターシュリンプ第一回公演
「エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート」


「面白い!」「ためになった!」
「時間の無駄だったわ!」などなど
何かの感情を抱いたらクリックお願いします。
クリック伸びると素直に嬉しいです。
  ↓↓↓
にほんブログ村 芸能ブログ アイドル・アイドル歌手へ
にほんブログ村